fc2ブログ

Home > > [蝶] TeX

[蝶] TeX

  • 2011-09-23
自分用のちょっとした文書を作るとき、wordなどもよいが
理工系出身だからかやはりTeXのほうが書いていて楽しい。

Windowsでとりあえず触ってみたいので環境を整えたい
という方が、どうすればTeXの文書を作れる環境にできるか
(=texファイルをコンパイルしてdviファイルを作れて、
dviファイルを見れるようにする)、簡単にメモってみた。


0. TeXの基本
 大雑把にいうと、TeXで文書作るときの流れは以下のようになる
 0-1.hoge.texなど適当な名前のテキストファイルを用意する
 0-2.そこに文書とその見かけを定義する命令文を書く
 0-3.platex.exeなどのコマンドでそのテキストファイルを処理し
    DVIという形式のファイルを作成する
    (=自分の文書を、指定した見せ方で表示するためのデータ形式にする)
 0-4.DVIを見るためのソフトウェアでDVIファイルを閲覧する。
    すると、自分の文書が、指定した見せ方で表示される。
    (ここは大きい文字にする、2段組にする、章・節の番号が付与される、等)
 0-5.DVIをPDFに変換できるコマンドを使えば、acrobat readerなど
    PDFを見れるソフトウェアでも自分の文書を見れるようになる。


1. W32TeXからTeX関係バイナリ(Win32)をダウンロード
 http://w32tex.org/index-ja.html

 ●説明
 ここからフルパッケージもってきてインストールすれば、とりあえず
 hoge.texをplatex.exeなどでhoge.dviにする
 ところまではできるようになる。
 (hoge.texの正体はテキストファイルなのでメモ帳があれば最低限書ける。)

 ●手順
 たとえば、windows7にてパッケージすべてを以下に入れて、
 C:\Users\hoge\Downloads\TeX\W32TeX-web2c2011\all
 これらを以下にインストールする場合
 C:\Users\hoge\Documents\bin\w32tex
 を考える。

 上記インストール先ディレクトリ(w32texのほう)にtexinst2011.zipを
 解凍して、
 >cd C:\Users\hoge\Documents\bin\w32tex
 >.\texinst2011.exe  C:\Users\hoge\Downloads\TeX\W32TeX-web2c2011\all
 という2コマンドを実行する。

 これにより、インストール先ディレクトリの下にbin, share
 という2つのディレクトリが作られ、そこに
 フルパッケージのファイルがすべて放り込まれる。

 インストール完了後、binディレクトリはOSのPATH環境変数に
 設定しておくこと。項番2以降の前提となる。


2. DVIファイルビューアをダウンロード
 ftp://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/pub/TeX/dviout/

 ●説明
 DVIファイルをみるためのソフトウェアがないと、DVIファイルは見れない。
 これを見るためのビューアを拾ってくる。

 ●手順
 上記からたとえばtex318w.zipなどをダウンロード。
 解凍すればwindows上で使えるexeファイルなどが入っている。

 解凍したファイルの中にあるdviout.exeを起動後、
 TEXROOT, TEXPK, TEXFONTSなどのパラメタを
 適切に設定し、動かせるようにする。

 これは1がインストールされてPATH環境変数が適切に
 設定されていれば(=w32texディレクトリの下のbinディレクトリを
 加えることが済んでいれば)、推測して自動設定してくれるボタン
 を使って楽に設定できる。
 
 メニュー[Options] > [setup parameters]から
 環境設定のタブを呼び出して後で変更してもよい。


3. (必要ならば)TeX関連機能を持つエディタをインストールする

 ●説明
 メモ帳や手持ちのテキストエディタは、ほとんどがTeX作成のための
 支援機能などはないと思う。

 面倒なのが嫌であれば、たとえばTeXEなど、TeX支援機能(TeXファイル
 からDVIファイルへのコンパイル自動化など)のついたエディタを
 用意するのがよい。

 ●手順
 たとえば、以下からTeXEをもってくる。
 http://www5.ocn.ne.jp/~fact/download.html

 この場合、[表示] > [環境オプション] > [TeX処理設定]タブ
 にて、TeXファイルからDVI、PDFを作成するためのコマンドを設定できる。

 以下のような感じで、自分の環境にあわせてコマンドを指定する。

 TeXフルパス:
 C:\Users\hoge\Documents\bin\w32tex\bin\platex.exe

 MakeIndexフルパス:
 C:\Users\hoge\Documents\bin\w32tex\bin\makeindex.exe

 BibTeXフルパス:
 C:\Users\hoge\Documents\bin\w32tex\bin\bibtex.exe

 Dvi Viewerフルパス:
 C:\Users\hoge\Documents\bin\tex318w\dviout.exe

 Dvi to Pdfフルパス:
 C:\Users\hoge\Documents\bin\w32tex\bin\dvipdfm.exe

 ※上記で、TeXにplatexではなくlatexを指定してtexファイルから
  DVIを作ろうとすると以下のようなエラーが出てくるので注意。

 ! Illegal unit of measure (pt inserted).
 
  z
 l.101 \setlength\parindent{1zw}

 作成したtexファイルに異常がなさそうなのに上記エラーが
 出た場合は、TeXフルパスで指定したコマンドを見直してみること。


4. 上記でTeX文書作成環境は整った
 あとは、texファイルを編集して、dviファイルを作って、dviビューアで閲覧し、
 文書を完成させる。
関連記事
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
https://2kr.blog.fc2.com/tb.php/765-7d1a3afc
Listed below are links to weblogs that reference
[蝶] TeX from コンテナをくべる

Home > > [蝶] TeX

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top