fc2ブログ

Home > 2018年06月

2018年06月

[構] ansible

  • 2018-06-30 (Sat)
今更だがansibleについて。→ドキュメント

chefpuppetのような構成管理ツール
・エージェント不要、pythonのみ必要。
・設定ファイル(playbook)はyaml形式。
・べき等性、対話的処理
・redhatのGUIツール、Ansible Tower、そのOSS版のAWX
・シンプルだが、その分、複雑な処理は避ける。
 → えらく面倒だったchefより好きかも
・SSH経由で管理対象ホストにリモートログインして各種処理するので、
 sshログイン元サーバ(つまりansibleを実行するサーバ)の公開鍵とパスフレーズは
 ssh-agentコマンド、ssh-addコマンドにて各ログイン先に登録しておく必要あり。

Continue reading

[鯨] dockerその5

  • 2018-06-29 (Fri)
今回は実行環境を調べるときのメモ。
なので、docker本体の話とはちょっと外れるところが多い。

■restartポリシーの調べ方
docker runすれば、docker psにコンテナが出てくる。
このとき、そのコンテナが再起動されるときのポリシーをinspectで調べられる。

$ pwd
/home/xxxx/prjs/mydocker/test1
$ cat Dockerfile
FROM ubuntu:bionic
MAINTAINER xxxx <xxxx@nifty.com>
CMD echo "now running..."
RUN apt-get update && apt-get -y upgrade
RUN apt-get -y install dnsmasq
$ sudo docker build -t xxxx/test1 .
$ sudo docker images


たとえば、psでコンテナIDをしらべて、そのIDをinspectすると
HostConfig配下の項目にRestartPolicyというところがあり、
docker runの--restartオプションをどう指定したかがわかる。


$ sudo docker ps
CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES
7cb0c559a1a9 centurylink/image-graph "/usr/src/app/image-…" 30 hours ago Up 30 hours 0.0.0.0:49277->3000/tcp image-graph
$ sudo docker inspect 7cb0c559a1a9
(略)
"HostConfig": {
"Binds": [
"/var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock"
],
・・・
"RestartPolicy": {
"Name": "no",
"MaximumRetryCount": 0
},
・・・


restartポリシーのデフォルトはno。
これは「いかなる場合も再起動しない」。

Continue reading

[鯨] dockerその4

  • 2018-06-29 (Fri)
ubuntuを使っていて、proxy環境でdocker runなどを実行すると
うまく通信できないことがある。
こうしたときは、dockerデーモンのオプション変更で対応できる。

確認する箇所としては、以下の2つ。
/etc/default/docker
/lib/systemd/system/docker.service

この2つのうち、前者にproxy設定を入れてうまくいく人と、
後者の[Service]セクションに
Environment="HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:80/"
Environment="HTTPS_PROXY=http://proxy.example.com:80/"
を入れてうまくいく人がいるようだ。

これはsystemdを使っているかどうかがカギになっている。

少なくともUbuntu16.04から先のバージョンを使っている場合、
systemdを使っているので、/etc/default/dockerは読まれないので
systemdの設定ファイルで対応しないとダメ、ということのようだ。

systemd詳細は、[系] systemdを参照。

さて、上記設定変更してから、
sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl restart docker.service
sudo docker info
により、プロキシ設定が表示されることを確認できれば、
sudo docker run xxxx
がうまくいくはずだ。

[権] sudoersまわり

  • 2018-06-28 (Thu)
たまにど忘れしちゃうので書いておこうかと。。

usermod -Gとかで指定間違えて事故ることがあるので、
(たまにある、追加のつもりが上書いてしまい何かを失うやつね)
この手の操作は必ず確認しながらですね。基本的ですが。

Continue reading

[並] erlang

  • 2018-06-25 (Mon)
よく知らなかったのでメモっておく

erlang
・github
 https://github.com/erlang
 この下がさらに分かれている。
 たとえばepmdなら https://github.com/erlang/epmd にある。

・並列処理志向、関数型言語
・エリクソンが開発
・仮想マシンによるインタープリター
 → このへんjavaに近いイメージ。
  Erlangで書いたプログラムをコンパイルすれば、モジュールごとに
  beam ファイルができるようだが、*.javaと*.classみたいなものか。

  BEAMファイルには、VM の扱えるコードに変換されたプログラム、
  デバッグ情報などが格納されているようなので、javaでバイトコード操作
  のライブラリがあったみたいに、同様のものが転がっていそう。

・erlangのVM上で大量のプロセスを並列処理
・データや関数をメッセージとして扱える
・Mnesia:リアルタイムデータベース
日本語の解説ページもある

Continue reading

[鯨] docker for windowsその3

  • 2018-06-24 (Sun)
前回、docker for windowsでkubernetesが動くところまでは作業した。
今回、defaultでは入ってない「ダッシュボード」を入れてみようと思う。
kubertenes/dashboard

参考にしたのは以下。

https://www.hanselman.com/blog/HowToSetUpKubernetesOnWindows10WithDockerForWindowsAndRunASPNETCore.aspx
https://github.com/kubernetes/dashboard/wiki/Installation#recommended-setup

Continue reading

[取] ubuntu18.04 LTS bionicのダウンロード

  • 2018-06-17 (Sun)
ubuntu18.04 LTS (bionic) の、OSイメージファイルをダウンロード。

Download Ubuntu Server

ダウンロード後、md5sumが
http://releases.ubuntu.com/18.04/MD5SUMS
にあるとおりの値であること。


ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$ md5sum ubuntu-18.04-live-server-amd64.iso
e35f45caf1d26ed5b1217d67f6ee86e8 ubuntu-18.04-live-server-amd64.iso
ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$ pwd
/mnt/c/Users/hoge/Downloads
ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$ ls -l ubuntu-18.04-live-server-amd64.iso
-rwxrwxrwx 1 ubuntu ubuntu 845152256 Jun 17 22:52 ubuntu-18.04-live-server-amd64.iso
ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$ ls -lh ubuntu-18.04-live-server-amd64.iso
-rwxrwxrwx 1 ubuntu ubuntu 806M Jun 17 22:52 ubuntu-18.04-live-server-amd64.iso
ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$


他のマシンにubuntuを入れたら、/etc/lsb-releaseにてバージョンが
意図通りのものか確認する。こんな感じ。

ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=18.04
DISTRIB_CODENAME=bionic
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 18.04 LTS"
ubuntu@Hank:/mnt/c/Users/hoge/Downloads$

Continue reading

[鯨] docker for windowsその2

  • 2018-06-17 (Sun)
前回、Docker for Windowsをstable versionにてインストールした。
Windows10 pro 64bit バージョン1803 , OSビルド 17134.81)

そのままだとkubernetesは動かないようなので、
Setting>General
から「You can switch to another version」のリンクに飛び、
Docker for Windows - Edge
に切り替えてみる。

Continue reading

[読] apt source

  • 2018-06-16 (Sat)
aptで、バイナリのほうではなく、ソースコードを取得したいときがある。
このときは、apt sourceにより取得する。


$ sudo apt-get install dpkg-dev
$ sudo vi /etc/apt/sources.list
 → deb-srcを有効にする。手段はsedでの一括置換などでもよい。
$ sudo apt source erlang


これでパッケージのtar-ballが取得でき、その展開されたファイル群が
今いるディレクトリの下に(解凍したファイルのファイル名に相当する
サブディレクトリで)置かれているはずだ。

[覗] パケットキャプチャ

  • 2018-06-15 (Fri)
Win10Pcapというのがあるのだね。
恥ずかしながら知らなかった。

・WinPcapはNDIS5系で実装されているが、もうこれは古い。
 Windows10でも安定動作するように、Win10PcapはNDIS6系で実装されている
・802.1Q VLANタグもみれる
wiresharkとか、WinPcapを使ったソフトで使用できる
 → そういえばMicrosoft Message Analyzerというのもあるんですよね
   これはまだ使ったことないな

Continue reading

Home > 2018年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top