fc2ブログ

Home > 2007年07月

2007年07月

[他] MNPその3

  • 2007-07-24 (Tue)
auのW52SHですが、ちょっとずつ機能を楽しんでます。

■アプリ
・アプリにはテトリスgold、ドラクエ、桃鉄を追加。
 ドラクエは1週間くらいでとりあえずクリア。

■メール関連
・メールのフィルタは、、、もうちょっとなんとかしてほしい。
 件名とかでもフィルタしてくれよ、モウ、、、
・メールのフォルダはV602SHよか使いやすい。
・メールのページ開いたときに受信ボックスが
 一番上に来てくれないかなあ。この点はsoftbankの
 方(V602SH)がよかった。
・やっぱり日本語変換はsoftbank(V602SH)のが分かりやすい。
 「これはどうやったら出るんじゃ?」とか、思ったような
 変換にならない言葉とかが多くて、V602SHのときより
 入力時に工夫が必要。
・記号の入力が面倒。[連続]を押さないとすぐにクリア
 押したのと同じことになってしまうってのがあまり
 好きでない。クリアを押すまでは連続で入力させてほしい

■アドレス帳
・アドレス帳は上方がタブのようになってて分類検索
 がとても便利。これは気に入った。

■Web
・EZWebとPCサイトビューアのブックマークを集めなおす
 のがめんどい。ある程度ははてなブックマークなどで
 補えるのだが、いくつか初回登録せざるをえないものが
 めんどくさい。これも他社からインポートできないかな。
・入力フォームで入力しようとボタンを押してから
 反応が来るまでが結構遅い。

■音楽、TV
・音楽とワンセグは最低限しか使ってない。まあ、これは後々。。。

■ブック
・何気にEZブックはかなり使った。本と漫画をかなり
 いろいろ読めるのはいいね。思ったよりコレは使う機能。
 普段読まないようなものを試し読みできるのが好き。

■カメラ
・200万画素くらいだが、思ったよりキレイにうつる。
・まだ凝った撮り方していないから、あまり使いこなせていない。
・microSDが入れにくい。小さいから仕方ないのかなあ?
 もうちょっとなんとかならんか。

■見た目、デザイン
・ケータイアレンジ設定や壁紙変更はまだ。いいものがない。
・薄いのにかなり高機能なのが嬉しい。
・つい使いたくなる携帯。V602SHもかなり「使いたくなる」
 携帯だったが、これはもっと使いたい感じ。
 操作しているのが楽しい。

■その他キー入力
・0のボタン(「わをん」のところ)が押しづらい。
 自分の手のサイズだとここを入力しようとしたときに
 ちょうどいい感じに誤入力が発生しやすい。周囲の
 ボタンを間違えて押してしまう。
・もうちょっとボタンの間を離してほしかった。
 押し間違えの発生率が高い
・タスクボタンは意識しないと使わない。。。
・DoCoMoのN904iだと、メニューがタブのように表示できる
 やり方があって、サブメニューを探すのが非常に楽
 だったのだが、コレはサブメニュー見つけにくい。。

■通話、電波の入り
・V602SHと比べて、同キャリア間の通話はあまり差がない。
 特に困らない感じ。別のキャリアとの通話は若干だが
 良くなったような気がしている。
・電波の入りはV602SHから比べて若干改善だが、あまり
 DoCoMoと比べて勝ってる気はしない。。


なんか改善ポイントばっかだけど総じて満足なのですよ。f(^^;)
細かいところの注文がおおいけど、大枠ではこの携帯
大好きなのです。だからこそ、ついつい注文が、、、。

基本スペックこそV602SHは今のゴージャスな携帯に比べて
見劣りするが、使いやすさは相当良く考えられていたなと
改めて思う。あまりマニュアルを見た記憶が殆どなく、
かなり直感的で操作に早く慣れることができた。

今回は、、、マニュアルを見る前に機能を呼び出す口を
見つけることが多いが、若干見つけにくい。
UIについてはもうちょっと工夫が必要だと思う。
ものがいいだけに勿体無い。

[CD] [BB] C.U.G. Jazz Orchestraその1

  • 2007-07-22 (Sun)
  • CD

一時、札幌でアマチュア社会人ビッグバンドをやっていた。

そのときに「かっこいいの知ってるよ」と教えていただいたのが
C.U.G. Jazz Orchestraというバンドだった。

音源がないのでずっと気になっていて、頭に残っていた
のだが買えないままになっていたところ、ちょっと前に
ディスクユニオンでみつけて、さっそく買ったのがコレ。

話しに聞いてたとおり、かっこいい~!
ちなみに、これは2ndアルバム。

Continued in the UnderGround Jazz Orchestra

Use Us

  1. Lazy Bird (John Coltrane) (4:46)
  2. Autumn In New York (Vernon Duke) (7:33)
  3. Prince of Darkness (Herbie Hancock) (4:26)
  4. All That (Kenny Werner) (6:26)
  5. Everything Happens To Me (Matt Dennis) (7:14)
  6. Tempo = 230 (Shuhei Mizuno) (6:31)
  7. Use Me (Kenny Werner) (11:29)
  8. Star Eyes (Don Raye, Gene Depaul) (8:16)
  9. Chrysanthemum (Shuhei Mizuno) (6:51)

total : 63:35

All Aranged by Shuhei Mizuno (except 4,7)

   

[CD] [吹] 武蔵野音楽大学ウインドアンサンブルVol.7

  • 2007-07-22 (Sun)
  • CD
春王の音源がほしくて買ってきた一枚。
アスペン・ジュビリーなど好きな曲がいっぱい入っていて
結構お買い得でした。

武蔵野音楽大学ウインドアンサンブルVol.7
Musashino Academia Musicae Wind Ensemble Vol.7

演奏:武蔵野音楽大学ウインドアンサンブル
Musashino Academia Musicae Wind Ensemble

指揮:
フランク・ベンクリシュート(1,2)
Frank Bencriscutto
レイ・E・クレーマー(3-5)
Ray E. Cramer
フレデリック・ナイリーン(6,7)
Frederick Nyline
ドン・ウィルコックス(8,9)
Don Wilcox

1. 百年祭序曲(F.ベンクリシュート)(6:56)
Centennial Festival Overture (F.Bencriscutto)

2. 春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(D.R.ホルジンガー)(10:58)
In the Spring at the Time when Kings go off to War (D.R.Holsinger)

3. デリー地方のアイルランド民謡(P.A.グレンジャー)(3:28)
Irish Tune from Country Derry (P.A.Grainger)

4. ガムサッカーズ・マーチ(P.A.グレンジャー)(3:56)
The Gum-Suckers March (P.A.Grainger)

5. ファイヤー・ワークス(G.ユーツ)(8:49)
Fire Works (G.Youtz)

6. アスペン・ジュビリー(R.ネルソン)(11:10)
Aspen Jubilee (R.Nelson)

7. コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ(P.ウィリアムズ)(8:48)
Rhapsody for Concert Band and Jazz Ensemble (P.Williams)

8. 大空への挑戦(D.R.ホールシンガー)(13:20)
To Tame the Perilous Skies (D.R.Holsinger)

9. バンドのための序曲(J.へインズ)(4:32)
Overture for Band (J.Heins)

sony records

[CD] [吹] オリジナルその他その18

  • 2007-07-22 (Sun)
  • CD
名曲揃いで、しかも指揮が佐渡裕!
ということで勢いで買ってしまった。
でもよかったからいいのだ。(´∀`)
生で聴きたいねえ、コレ。

ブラスの祭典3

シエナ・ウインド・オーケストラ
Siena Wind Orchestra
指揮:佐渡裕
conductor : Yutaka Sado

1. 20世紀FOXファンファーレ(アルフレッド・ニューマン、arr.真島俊夫)(0:22)
Twentieth Century Fox Trademark(Alfred Newman, arr.Toshio Mashima)

2. 高度な技術への指標(河辺公一)(3:47)
A Guide to The Advanced Technique (Koichi Kawabe)

3. シンフォニア・ノビリッシマ(ロバート・ジェイガー)(6:55)
Sinfonia Nobillissima for Band (Robert Jager)

4-6. 吹奏楽のための第一組曲(グスターヴ・ホルスト)
First Suite In Eb Op.28 No.1 (Gustav Holst, Revised and edited by Colin Matthews)
4. 第一楽章:シャコンヌ (5:18)
I. Chaconne
5. 第二楽章:インテルメッツォ (2:59)
II. Intermezzo
6. 第三楽章:マーチ (3:00)
III. March

7. 風紋(保科洋)(6:16)
Fu-Mon (Hiroshi Hoshina)

8. フェスティヴァル・ヴァリエーションズ(クロード・T・スミス)(11:16)
Festival Variations (Claude T. Smith)

9. 詩のない歌(ロルフ・ルディン)(6:53)
Lied ohne Worte (Rolf Rudin)

10. ディスコ・キッド(東海林修)(4:25)
Disco Kid (Osamu Shoji)

avex entertainment
Recorded 14-16 Dec, 2004

[CD] [吹] オリジナルその他その17

  • 2007-07-22 (Sun)
  • CD
アッペルモントの「アイヴァンホー」は、以前演奏会の
選曲かなんかでMP3で聴いたことはあった。
そのときかなり気に入って、絶対どこかでやりたいなあと
思いつつ、他に気に入った曲が見つかったため(浮気性w)
しばらくマジメに音源を探すのを怠っていた。

で、思い出してつい最近買ったのでした。
このCD、アイヴァンホー目当てでしたが、六宿も、
スパークのカレイドスコープも(・∀・)イイ!

第六の幸福をもたらす宿
The Inn of the Sixth Happiness

大阪市音楽団
Osaka Municipal Symphonic Band

指揮:秋山和慶
conductor : Kazuyoshi Akiyama

1. 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」序曲(エンゲルベルト・フンパーディンク、ライナー・リュークハウゼン)(8:08)
Vorspiel zur Oper "Hansel und Gretel" (Engelbert Humperdinck, Reiner Lughausen)

2-4. アイヴァンホー(ベルト・アッペルモント)(8:08)
Ivanhoe (Bert Appermont)

5-11. カレイドスコープ(万華鏡)~ブルックの歌による5つの変奏曲~(フィリップ・スパーク)(10:44)
Kaleidoscope - Five Variations on the "Brugg Song" (Philip Sparke)

12-14. 「第六の幸福をもたらす宿」~映画音楽による組曲~(マルコム・アーノルド&ポール・フランシス・ウェブスター、瀬尾宗利)(13:49)
The Inn of the Sixth Happiness : suite from the film (Malcolm Arnold & Paul Francis Webster, Munetoshi Senoo)

15. 「カヴァレリア・ルスティカーナ」より"プレリュード"(ピエトロ・マスカーニ、木村吉宏)(4:54)
"Prelude" - Cavalleria Rusticana (Pietro Mascagni, Yoshihiro Kimura)

16. 羊飼いの呼び声(パーシー・アルドリッジ・グレンジャー、H.R.ケント)(2:06)
"Shepherd's Hey" - English Morris Dance (Percy Aldridge Graninger, H.R.Kent)

fontec
recorded Jun 6, 2003

[職] [窓] Dimension1100復旧

  • 2007-07-22 (Sun)
先日から親の使用しているDELL Dimension 1100が不調。

HDDから起動するときに「primary drive 0 not found」と
出てしまい、何度か起動しなおすと正常に起動するという症状。

調べると結構有名な事象みたいで、あっさりと解決。

1.起動時にF2キーでBIOSセットアップ画面に遷移。
2.Num Lock、Caps Lock、Scroll Lockが全部ONになった
  状態にする。
3.Alt+FによりBIOS設定をリセット。(BEEPが鳴る)
4.Alt+EによりBIOSのNVRAMをクリア。(BEEPが鳴る)
4.Alt+Bにより再起動
5.さきほどまで「primary drive 0 not found」と出て
  いた箇所に、・・Automatic IDE configuration・・・
  のような文字列が起動時に表示される。
  BIOSがハードウェアのプラグアンドプレイ情報を
  初期化し、周辺機器の設定を読み直しているらしい

これで今のところ、復旧したようである。
何度か再起動かけてみたが今までのような高確率で
落ちるってことがない。
まあ、またダメだったらもうちょっと調べてみるか。

[他] MNPその2

  • 2007-07-08 (Sun)
結局、DoCoMoのN904iと、auのW52SHで散々迷って、
最終的にはW52SHで決まりました。

以下、決めたときのメモ。

・今の使い方(平均12-15分/日、25-30万パケット/月)でいくと
 料金体系はDoCoMo、auともにあまり変わらない。
 付加サービスの損得(今後の割引率やポイント等)と、
 端末代、そのときの特典などに若干変わるくらい。

・DoCoMoだとタイプL+いちねん割引+ファミリー割引
 +パケホーダイフル。
 ファミリー割引分があるが端末代と今後の割引率を
 考えるとトントンくらい。月額は今より下がる。

 指定先との通話割引率が低め(auならau同士だと半額)
 なのが残念。他社指定できるところは嬉しいが、、。

 端末代はキャンペーンで場所により差があるが、
 auと比べてものすごく得とかいうと調べた範囲では
 1,2年の出費総額で比べてしまうと僅差。

 端末の中ではN904iがハイスピード(最大3.6Mbps)対応、
 フルブラウザの使い勝手も良くてよさそうだった。

 ショップの対応はauよりもよく、質問にもかなり即答。
 いじれるデモ機の多さ、デモ機を使っているときの
 店員の対応も良かった。(あくまで行った範囲でだけど。)

 ただ質がよい分、どうしてもコストに出ていると思われ
 端末代が総じて高いのが残念。デザイン的にもauに
 負けているように思う。

・auだとタイプL+年割+ダブル定額。
 端末代はMNPの場合、最新機種でもほとんどタダのやつ
 が多くて、そこがかなりお得。

 通信スピードはストレスない程度には速い。デザイン、
 端末のスペックはいいものがある。
 見に行ったショップはデモ機が少なく、後継機であっても
 どの程度インタフェースが変わったか実際に見ることが
 できないものがあるので、説明を鵜呑みにしたくない人
 にはマイナス点かな。

 社員さんで買った人がいたからちょろっと見せて
 もらえたり、とかはあるのでそれは端末の判断材料
 にできるが今後の改良点。デモ機が少い理由がわからない。

 フルブラウザや通信、ユーザインタフェースなどは、
 調べた範囲、デモ機をいじった感じであまりストレス
 はなさそうだった。
 日本語入力についてはどちらにしろ使用感が変わる
 からそこは慣れということである程度あきらめ。
 
 端末のスペックを考えるとMNPだと0円というのは
 すごく魅力。どうせワンセグはあまり期待していない
 というか、あれば嬉しい程度。そんな見ないだろうけど
 ちょっと使ってみたいくらい。
 だからそれを使える端末がタダで入手できるのはよい。
 DoCoMoの場合、店、時期によってはだいぶ安くなる
 ようだが、端末が有料なのと比べてしまうとタダの
 魅力は捨てがたい。


結局、1,2年使う場合にはお金的なところであまり差が
なくて、かなり迷ったのですが、端末代の差が出てauと
なりました。

DoCoMo、Softbankは使ったことがあるので、ためしに
使ってみたかったという意味もあります。
実際に使ってみて、どんな感じか知っておくのも悪くない。
よっぽどひどくない限り2年は使う予定です。

長く使ってもいいのだけど、最近は新サービスができて
古いサービスの廃れるサイクルが早いので、あまり
しばられたくないことから、とりあえず短期的な出費
で決めてみました。

で、昨日からぐりぐり設定をしていますが、なれるまで
もうちょっと使いこまないとなあ。

[他] MNP

  • 2007-07-06 (Fri)
今月は年間割引の更新月。
携帯の料金を安くしたいし他のキャリアも使って
みたいため、MNPを申し込んだ。
どこにしようかな~。
端末の値段とデザインではauだが、機能的には
DoCoMoも捨てがたい。softbankは、、、うーむ。

<メモ>
・毎月のパケット20万~25万パケット程度。
・月あたりの通話は350分/月=12分/日程度。
・パケットの使い放題定額料金はwillcomが一番安く
 月2300円程度らしい。他はだいたい似たようなもので
 今の使い方からするとどれも4000円ちょいくらい
・auが一番安くなりそうだが、DoCoMoの家族割りが
 結構得なので、それによってはDoCoMoかも。
 でもsoftbankのオレンジプランも検討の価値あり
・年間割引はDoCoMoよりauがよさそう。
・繰越、家族割りを考えるとDoCoMoがよい。
 ファミリー割引だとよさそうだと考えている
 プラン(タイプL+パケホーダイ)が2500円くらい得。
・端末そのものの値段はDoCoMoが一番割高。他はほぼ0。
 軽く2万以上はとられるので、どの程度の期間使うか
 を考えて月あたりいくらというのを出して、毎月
 とられる金額に上乗せしての比較が必要。

Home > 2007年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top